彼氏ほしい

彼氏ほしい

彼氏ほしい♪ と思っている大学生(特に女子大)や社会人の皆様、こんな方法でも彼氏ができるのをご存知ですか?

たんぽぽ通販 > 彼氏ほしい

彼氏ほしい 体験談

初めまして。咲良(さくら)です。

あれはGREEやmixiなどのSNSが登場し始めた2004年。当時の私は20代後半。結婚を意識しつつ彼氏がほしいお年頃。 彼氏にしてあげたい事や、してほしい事の練習の場がほしいと思っていました。

当時、たまたま参加した起業家の卵が集まるSNS。 せっかくなので、彼氏にしてほしい事を可愛くお願いする練習をしてみたり、してあげたい事を参加者の男性達に話してアドバイスを頂いたりしていました。
すると、あら、不思議。アプローチして下さる男性が現れたり、何となく良い雰囲気になる男性がいたりと、ほしいと思っていた彼氏ができる気配が。

彼氏がほしいんだもの。練習の場でもほしい彼氏が手に入れば超ラッキー。
皆で会ったり、2人で会ったりしながら候補を絞り最終的に理想のほしい彼氏ができました。
残念ながらその男性とは結婚に至りませんでしたが、家と会社の往復で、特に趣味も無く、狭い世界で暮らしていた私の人生は一変。 世界が広がり、沢山の楽しい事や人生の豊かさを知るようになりました。

当時の出会い系サイトはとても怪しい感じでしたが、今は各都道府県公安委員会が「インターネット異性紹介事業」の認定をしているので、彼氏がほしい人には、お墨付きで安心なんですね。 彼氏がほしいと焦ればダメンズに引っかかるので見極める目は本当に育ちました。

彼氏がほしいと思いつつ、不安を拭いきれないなら、名前(フルネーム)を3つ用意して下さい。 ネットではHN(ハンドルネーム)を使うのが一般的です。だからと言って、いかにもHNでは、親しくなる過程で必ずフルネームを聞かれます。 もちろん本名を答えても良いのですが、まだちょっと・・・という状態だとせっかくの彼氏候補を傷付けて終わることになります。 だから聞かれた時にスムーズに答えられるよう用意しておくのがお勧めです。 本名を明かすのは、プロポーズされた時で十分です。 どんなにほしいと思っていた彼氏でも、女性の不安な気持ちを汲み取ることができず、怒ったり、拗ねたりするような男性なら結婚後も苦労するのは目に見えていますから。

彼氏がほしいと正直に言える女性は素敵です。ほしい彼氏を手に入れる為にできることは全部やるという意気込みで行動する女性の未来は輝きます。 せっかく彼氏がほしいと行動するのなら、登録するサイトは最低でも3つ。 それぞれのサイトで違う名前を使って、彼氏にしてほしい事、してあげたい事を練習してみてください。 各サイトで1人ずつ、同時に3人で検証すると、相手によって同じ反応が返ってくるもの、違う反応が返ってくるものがあるので 自分と価値観の合う人とお付合いしやすくなりますよ。

私が知っている中で、インターネット異性紹介事業認定済みのサイトは下記の3つです。

  1. PCMAX安心の優良出会いマッチングサイト申し込み
  2. 女性誌多数掲載!!【ワクワクメール】
  3. ハッピーメール

 

彼氏ほしい 大学生

大学生・・・特に女子大に通っていて 彼氏ほしい と思っている皆様。
女子大だから出会いがないのだと嘆いている皆様。
本当に彼氏ほしいですか?

現実は、シンデレラや白雪姫のように白馬に乗った王子様が貴女を捜し出してくれたり、迎えに来てくれたりはしないのです。ほしいものは自分で手に入れるのです。

そう。出会いは自分から行動することで実は沢山あるのです。

例えば、サークル活動。
参加してますか?ちゃんと男性の多いサークルを選んでますか?女子大だから無理?いえいえ、他校と交流するようなサークルに参加すれば大丈夫ですよ。

ゼミだって出会いの場の1つ。女子大だから無理?
いえいえ、ゼミですもの。教授や先生達にお願いして、他校との交流の場を設けてもらえば大丈夫。ゼミの内容に関して、「同世代の男性がどういう考えや意見を持っているのか、とても興味があるので、他校(○○大)との交流の場を設けて頂けないでしょうか?」とお願いしてみるのはいかがでしょう?既に他校との交流があるんだけど、相手が女子大だという場合にも有効なお願い方法です。

バイトだって出会いの場の1つだし、通学路だって出会いの場。行きつけのお店やよく利用するコンビニなども出会いの場。
生活圏内の全てが出会いの場なんだけど、失恋や破局した時に支障が出る・・・と二の足を踏むのなら・・・

失敗したって日常生活には何の影響もないネットでの出会いがおすすめ。
ネットでの文章と実際に会った印象から、相手の本質を見極めて。ネットでの出会いは、彼氏としてアリかナシかを見極める為に、沢山の人とやり取りすることで男性を見る目も養われていくという特典付きですw ほしいぃ~と叫んでみるのも1つの手ですが、ほしいものが沢山ある場所に出向くのも大切なこと。是非、ほしいもの=男性が集まる場所 を意識してみて。

本気で彼氏がほしいと思うなら、ネットでの出会いは会員数が多いところがお勧め。
何故なら、会員数が多ければ多いほど出会いも多いから。さらに、会員数が多いということは、女性も多いということ。 沢山の女性がいるなら、色々な人がいて当たり前。色々な女性がいるのなら、既に自分と同じ趣味や価値観の女性もいるはずで、その趣味や価値観の女性を好きだと言ってくれる男性と出会いやすい(ほしいものが手に入りやすい)環境が整っている可能性が高い。

となると、彼氏がほしいなら、会員数の多いところに登録すると彼氏ができやすくなる。

例えば、PCMAXなら(2017年1月時点で)会員数は800万人以上。更にアクティブ会員数は50万人以上。写真投稿数が1日32,000件で、出会いの募集書込みが15万件。1人ではとてもチェックできない数の投稿や書込みがあるのなら、きっと自分が興味を持てる集まりや「こんな彼氏がほしい」という理想の男性に出会えるはず。

あとはPCMAXが安心して利用できるかどうかだけ。
そこも大丈夫。PCMAXは創設10年以上の実績がある日本最大級の出会い系マッチングサイト。 問題があれば、東京都公安委員会お墨付き「インターネット異性紹介事業」の認定を剥奪されるし、2~3年以内に廃業してしまうもの。[安心・安全宣言]ページでどんな取組みをしているかも紹介されているし、コラムなどでどんな風に楽しんで、どんなことに注意するかも紹介してくれている。
たくさんの投稿や書込みから効率良く、ほしいと思う情報や自分に合った人と出会う為の検索の仕方も紹介されている。

本気で 彼氏ほしい と思うなら、後は行動あるのみ。
さぁ、ほしいものを堂々と手に入れよう。

=>PCMAX安心の優良出会いマッチングサイト申し込み

 

社会人 彼氏ほしい

社会人で 彼氏ほしい と思ってる皆様。
職場が女性ばかりで出会いがないとか、男性はいるけどオジサマばかりとか、既婚者ばかりとか、いい男がいないとお嘆きの皆様。
大丈夫です。だって、ぼさーっと口を開けて出会いを待っているだけではなく、ほしい彼氏の好みの女性となるべく、一生懸命、女磨きをしているのでしょう?

  1. どんな彼氏がほしいですか?
  2. 彼氏ができたら一緒にやりたい事や行きたい所はありますか?
  3. 彼氏にしてほしいことと彼氏にしてあげたいことは何ですか?

上記の質問に明確に答えられる人は、すぐに彼氏ができるはず。だってネットで知り合った男性に上記の3つを片っ端から話すだけで良いんですもの。もしくは、上記3つの質問を(彼氏ではなく)彼女に置き換えて、相手の男性に聞いてみるだけ。

自分の価値観と合わない人はお友達として、価値観が合う or 興味津々な人は彼氏候補として接する。男友達は何人いても心強いし、最終的に、ほしい彼氏一人に絞ればOK。

ただ、純粋に彼氏がほしいだけなのに、この方法はリアル社会だとガッついてるとか遊び人とか男日照りとか誤解されてしまうので、ワクワクメールのようなネットでの出会いにおいて威力を発揮します。ほしいものをほしいと堂々と言える人は素晴らしいのにね。

純粋な 彼氏ほしい という想いを叶えるには、ひたすら行動あるのみ。
上記3つを自問自答しながら、彼氏候補に実践しながら、自分の想いと言葉と行動にズレがないかチェックしてみて。1つのコミュニティで複数人に実践すると良からぬ誤解を招き、トラブルになりかねないので、できれば複数のコミュニティやサイトに登録するのがお勧め。純粋に彼氏がほしいだけなのに誤解や偏見で悲しい想いはしたくないものね。

ちなみに社会人で 彼氏ほしい と思っているのなら、きっとその先にある結婚も考えているはず。
「林先生が驚く 初耳学!(2017/1/15放送分)」では、SNSで出会った夫婦は長続きしやすいのだとか。
彼氏がほしいと言っても誰でもいいわけじゃないもの。色んな人と文章のやり取りをして、会ってみたい人を選ぶ。実際に会ってみて、彼氏としてお付合いするかどうか厳選するでしょ?ほしいからって手当たり次第にイケるなら今頃、彼氏ほしいなんて思わないもの。そしてネットの最大の利点。嫌ならすぐに別れて次の人を探す。これらを繰り返した上で結婚するのだから、長続きしやすいそうですよ。

彼氏がほしい その願いを実現する為に、じっくり文章のやり取りで吟味するのも良し、男友達を増やすつもりで気軽に何人かに会ってみるのも良し。 最終的に彼氏になるのは一人だけ。ほしいものを手に入れるには、1歩を踏み出す勇気が必要。

ほしいものを手に入れる為に、努力する姿は素晴らしい。彼氏がほしいというのはきっと一時的なものではないはず。
彼氏がほしい という純粋な想いで踏み出した1歩が幸せな結婚につながりますように。

=>女性誌多数掲載!!【ワクワクメール】

 

彼氏ほしい トップへ戻る

Copyright 2017 © たんぽぽ通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ